俺のエサを釣ってこいっ!

釣り大好きです。猫も大好きです。

ガシラ釣り、エサの刺し方で根掛かり激減!!

こんばんは。

今日も見に来てくれてありがとうございます。

 

ガシラを釣りに行くとき、私はサンマの切り身をエサにすることが多いのですが、今日はその切り身の刺し方についてご紹介したいと思います。

 

ま、普通に針に刺すだけなんですけど、2 通りの刺し方を使い分けています。

 

まず、これ。
f:id:wosakana:20180827153713j:image

針先を

 

切り身の端の方の皮側から刺して、身側に抜くいわゆる「ちょん掛け」です。普通に落として探るときはこの刺し方です。

 

針が刺さっているところが、1 カ所しかないので海底に落ちていくときに、フラフラと動いて魚にエサの存在をアピールできるのと、針先が出ているので、魚が食べたときに針掛かりしやすいのがいいところ。

 

もう一つが、これ。
f:id:wosakana:20180827154936j:image

針先を身側から刺して、一度皮の外に出します。その後、もう一度針先を身の中に埋めています。

 

海底が複雑で根がかりするときや、テトラポットなどの隙間や穴に入れるとき、海底をズルズル引きずりながら魚を探すときには、この刺し方で釣りをしています。

 

針先が切り身に埋まっているので、丁寧に竿を操作すれば、ほとんどの根がかりをかわすことができます。

 

魚がエサを食べたときに針掛かりしにくいんじゃない?と思いますよね。

 

大丈夫です。

 

普通に合わせを入れれば、切り身から針先が飛び出て、柔らかい竿でもしっかりと針掛かりします。

 

ただ、切り身の形がくずれやすく、何度か投げると針先が出てきます。

 

そんなときは、そのまま、また身の中に針先を埋めてしまいましょう。

 

だんだんと魚の切り身が、肉だんごみたいになってきますが、魚はなんでも食べます。

 

根がかりにお悩みの方、ぜひ1 度試してみて下さい!

 

 

ガシラ釣り(際釣り)についての詳細↓

初心者でも簡単ガシラ釣り!際釣りでおいしいガシラを釣ろう! - 俺のエサを釣ってこいっ!

 

 


f:id:wosakana:20180827193307j:image

ネコ「何?肉だんごくれるん?」

うぉ魚「あーげへーん。」

 

 

 

 

 

 応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ  
にほんブログ村

 

にゃ~ (=◐・◐=)