俺のエサを釣ってこいっ!

釣り大好きです。猫も大好きです。

暴風の中、タチウオとアジ釣り。隣のオジサンは輝いていた!

釣行日 :  2018. 10. 12(金) 17:30 ~ 

場所  :  忠岡町

釣り方 :  ウキ釣り

エサ  :  サンマの切り身(干物)

釣果  :     アジ         4 匹
タチウオ 2 匹

今日は仕事が早く終わったので、夕方の時合いに合わせて、釣り場に向かいます。
いつも夜釣りばかりしているので、久しぶりの夕マヅメに期待しちゃいます。


海に着くと風が凄いことになっています。
堤防に向かって爆風がゴウゴウ吹いています。波も高く荒れまくりです。


釣り辛いのは、覚悟の上でポイントに向かいます。


車を止めて釣り場へ歩き出すときに、僕より少しだけ早く歩き始めたオジサンがいました。


釣りは、場所取りも大切です。
いいポイントに入れるかどうかで釣果が大きく変わります
勝負は釣りをする前から、始まっています。


今日の僕の第一希望のポイントは、工場の排水が沖に向かって流れるアジポイントです。


風が沖から堤防に向かって吹いているので、沖に向かっての流れで相殺されるんではなかろうかと考えています。


アジポイントに向けて歩きます。
前を歩くオジサンを抜かし、我先にポイントに入ろうと思いましたが、
思っただけで終わりました。
オジサンの後を歩きます。


しばらく歩いて、ポイントが見えました。


ザンネン。


アジポイントには、すでに数人の先客がいました。




釣りをしている人のウキを見ると、みんな堤防から10mも離れていないところに浮かんでいます。

暴風のせいで飛ばないのと、堤防側に流されている感じで、苦労していそうです。



先に歩いていたオジサンは、アジポイントの左側に入りました。

僕もオジサンの右隣に陣取り、釣りを開始します。





今日のタックルと仕掛けは、

  • サオ   : ダイワ リバティクラブ 

      磯風1.5号 

  • リール  : ダイワ フリームス 
  • ライン  : ナイロン 3号 
  • 電気ウキ : 1号 
  • オモリ  : 0.5号 
  • 仕掛け  : ワイヤーハリス 1.5号 

      チヌ針 1号の2本針 

  • エサ   : さんまの切り身(干物) 

です。




とりあえずウキ釣りでタチウオを狙います。



時間は夕方6時前、まだうっすらと空がオレンジ色でまさに夕まづめです。



仕掛けは家でスタンバイして竿にセットしてあるので、竿を伸ばしてエサを付けて左のオジサンより先に釣り開始です。



風が強いので、力いっぱい竿を振り抜きます。

ビュッ!

10m。

全然飛びません・・・。


しかも、すぐに堤防際に流し戻されます。
流れは、右から左へ向かっています。


暴風のため投げたウキは、10m沖に着水し、30秒もたつと左隣にいるオジサンの前に流れてしまいます。
オジサンの前まで流れたら回収です。


夕まづめのいい時間とはいえ、30秒であたりはきません。
なかなかの釣り辛さです。



オジサンはまだ、仕掛けを作っています。



3投して、ウキを3号、オモリを2.5号に交換しました。

ビュッ!
15m。

少しマシになりましが、あんまり変わりません。



ウキは左のオジサンの前に流れます。
あたりはありません。
回収します。


左のオジサンは、まだ仕掛けを作っています。


何投かして、こそっ~とオジサンの左側に移動しました。
なぜなら、オジサンの左側がだいぶ空いていたから。


これで左に流れてもしばらくほっておけます。


右のオジサンが釣りを始めた頃には、もう暗くなっていました。


左に流れたまま様子を見ていたウキがモゾモゾしています。
今日初めてのあたりがきました。


赤色の電気ウキが何回かのピクピクの後、ゆっくりと沈んでいきます。
波があるので上下していますが、完全に沈んだのを確認し、リールを巻きます。
手元にコツコツとした魚の反応があります。


ビシッ!
合わせました。

軽っ!


けど、少しだけピクピク引っ張っている感覚があります。
バラさないように、ゆっくりとリールを巻いて、


きました!
f:id:wosakana:20181014000519j:plain

1匹目は、15cmぐらいのアジでした。
うれしい。


アジがいるのであれば、アジを狙おう!


チヌ針1号の1本針にして、エサを小さく付けます。

相変わらず左に流れますが、風が少しだけ収まってきてウキが飛ぶようになってきました。


堤防近くまで流されてくる間に、何度かあたりがあり、3匹のアジを追加しました。

f:id:wosakana:20181014001455j:plain
いいサイズ!



アジが何匹か釣れたことで、気持ちに余裕が出ます。


右のオジサンは、僕が左側にいることで釣り辛そうです。
オジサンの投げたウキは、流されて僕の前にきます。
僕がウキを回収すると、オジサンも回収します。


オジサンの投げたウキが僕の前まで流れてきてもいいように、僕は左に向かって投げます。


アジが釣れたことで、心に余裕が出来ます。

「僕の前、ウキが流れててもいいですよ!」
心の声でオジサンに言います。


オジサンの仕掛けは、まぶしいくらいに光っています。
ウキは緑色で普通なんですが、その下に付いているケミホタルがピッカピッカしています。

ケミホタル75の特大サイズを使っているのかな?
いや、違います。
よく見ると水中ライトでした。


電気ウキが2つ付いているような明るさです。



しばらくして、
ビシッ!
バシャバシャ。

タチウオが釣れました。




オジサンさんに。



オジサンやりましたね~!!
おめでとう!




そして、
ビシッ!
バシャバシャ。


きました。
タチウオです。




オジサンの竿に。



僕もタチウオ狙いにエサを戻していますが、あたりません。



僕の今日のケミホタルは、オジサンの水中ライトとは対照的に25mmの小さいやつです。

ダイソーで8
本入り100円のものです。

いつもはダイソーの50mmを使っているんですが、こないだ買いに行ったとき売り切れでした。

使用期限が今年の6月で切れています。

うっすらと発光していますが、投げ込む途中には、光が見えなくなります。



オジサンの明るい仕掛けが、僕の前に流れてきてタチウオが食いつき水中ライトが走っていくのが見えます。


それを見て、焦ります。
アジが釣れて得た心の余裕はすでに無くなっています。


僕もタチウオ釣りたいです。



心無しかケミホタルと一緒にウキの赤い光も暗くなっている気がします。



ハピソンのウキですが、接触不良でしょうか?

せめてウキの光は明るくしようと、修理を試みます。


接触不良の解消の仕方はこちらを見てみてください。 ↓

wosakana.hatenablog.jp



ウキトップの金属部分を電池の先で押します。

押しすぎました。
電池が入れられなくなりました。
金属部分を戻そうとグリグリしてたら、折れました。
二度と使えなくなりました。
サイヤクです。
右隣のオジサンのせいです。
いや、心の小さい僕の責任です・・・。




ウキトップを交換し、釣りを続けます。



オジサンにはあたりがありますが、僕にはあたりがありません。

水中で煌々と光る水中ライトと申し訳なく光るケミホタル25mmの差なんでしょうか?

アジが釣れたときには、この微妙な光がアジを呼ぶのかと思いましたが、タチウオには見えていないようです。




僕のタックルボックスの中に、ダイソーでないケミホタル50mmが1つだけ入っています。
知り合いにもらったもので、お守り的な存在です。
特別な日に使おうと大事にしまっています。



ネットを見るとケミホタルを付けずにタチウオを釣っている人もいます。
無くてもいける!
少し光るだけプラスだ!
と、頑張ります。



オジサンの水中ライトが僕の目の前で、また横に走りました。





タックルボックスのお守りの封を開けました。
久しぶりの夕まづめの釣りは、特別な日になりました。


ケミホタルを変えたとたん僕のウキにも
あたりがきました。

のせられませんでしたが、あたりがきたことが嬉しかったです。



水中での光って大切なんですね。



ケミホタル25mm(ダイソー 使用期限切れ)
とケミホタル50mm(ルミカ)の写真です。


f:id:wosakana:20181014151208j:plain



その後、タチウオを2匹釣ることができました。


f:id:wosakana:20181014151430j:plain



f:id:wosakana:20181014151436j:plain




夜10時、寒すぎて撤収です。






オジサンはまだ釣りを続けていました。












f:id:wosakana:20181014153115j:plain


ネコ「オジサンにボロ負けやな。」
うぉ魚「水中ライトが欲しいです。」



応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ  
にほんブログ村

にゃ~ (=◐・◐=)