もう1匹釣りたいっ!

堤防で出来る簡単な釣りを紹介します。

【カサゴの釣り方】 テトラポットで穴釣りを楽しもう!

穴釣りで釣れたカサゴ

こんにちは!うぉさかなです。

テトラポットや敷石のすき間、堤防の継ぎ目などにエサを落とすだけで簡単に魚が釣れると言われている穴釣りですが、みなさん釣れていますか?

この記事では、昼間でもカサゴを釣ることが出来る「テトラポットでの穴釣り」について紹介していきます。

1.カサゴってどんな魚?

昼間釣れたカサゴ

カサゴは季節を問わず、一年中狙うことが出来ます。他の魚があまり釣れなくなる冬でも、元気に釣れてくれるので釣り人には大変ありがたい魚です。

昼間はテトラの奥や堤防のすき間など狭くて暗い所に隠れてじっとしていますが、暗くなる夜にはエサを求めて動きまわります。そのため夜釣りの方が釣りやすくなりますが、昼間でも隠れている魚の目の前までエサを届けることが出来れば、驚くほど簡単に釣ることが出来ます。 

穴の奥に隠れているカサゴにエサを届ける
━(゚∀゚)━!

2.釣り場選びとポイント

カサゴの釣れるテトラ帯

カサゴはテトラや堤防際、磯などの海底が硬いところにいます。砂地にはいません。隠れるところがないからですかね?

隠れ場だらけのテトラ帯ならどこにでもカサゴはいると思います。が、永遠と真っすぐに続くテトラ帯よりも、L字型やT字型になっているところの方が、潮の流れが変化したり、エサがたまっていたりするので好ポイントになります。

テトラ帯の中でも、変化のある場所がいい
━━(゚∀゚)━━!

 

3.穴釣りで使うタックル

穴釣りで使うタックル

竿とリールがあればどんな組み合わせでも穴釣りは出来ます。家にあるなるべく短い竿と小さなリールを使いましょう!足元の穴を狙う釣りなので長い竿は扱いづらいです。穴釣りの面白さに、はまっちゃうと穴釣り専用タックルが欲しくなってきます。竿もリールもわりと安くでそろえられますので考えてみて下さい。

釣竿

竿の長さは短い方が扱いやすく長くても2mまで。1mちょっとの長さで固めの竿が、魚を掛けた後、強引に穴から引きずり出せるので良いとされています。

私は1.5mの長さで竿先はやわらかいのですが、途中からしっかりしている竿を見つけ、お気に入りで使っています。

竿は短め━(゚∀゚)━!

リール

最初はスピニングリール。小さいリールの方が、疲れなくていいですね。穴釣りはドラグを使うような繊細な釣りではないので、釣り具屋さんのワゴンセールのリールでも大丈夫です。

でも、小型両軸リールってのを使いこなせるようになると、糸を出す操作がワンタッチで出来るようになったり、魚を巻き上げる力がとても強くなるので釣果は確実にアップします。

リールのおススメは、小型両軸リール━(゚∀゚)━!

ライン

穴釣りはごちゃごちゃした穴の中に仕掛けを落としていくので、すぐにラインに傷が入ります。穴釣りで使うラインには、少しぐらい傷付いていてもちゃんとカサゴを掛けて、穴から引きずり出せるだけの強さがいります。でも、太すぎると扱いづらくなるので、ナイロンラインの3号がちょうどいいと思います。

地元のベテランのおじさんで、アコウと呼ばれる魚を狙っている方なんかは、PEラインの太いものを使っていたりしますが、根掛かりしたときや切れたときの処理が大変なのでおすすめしません。

ラインはナイロンの3号━(゚∀゚)━!!!

4.穴釣りの仕掛け

穴釣りで使う仕掛けを2つ紹介します。どちらも根掛かりしにくく、穴の奥の奥を狙うための仕掛けになっています。

ブラクリ仕掛け

穴釣りで使うブラクリ仕掛け

まずは、市販のブラクリ仕掛けです。オモリとハリが一体になっていて、道糸に結ぶだけで釣りが始められます。魚にアピールするため、オモリが赤色に塗られていたり、ハリスに蛍光ビーズが付いています。ブラクリには種類がいくつかあって、丸いものはコロコロ転がりやすく穴に落ちていきやすい、ひし形のものは根掛かりしにくいという特徴があります。

サイズ(号数)もいろいろあって、最初はどれにしようか迷うと思いますが、ひし形の3号が標準で使いやすいと思います。根掛かりしづらいといっても必ず根掛かりで無くなりますので、予備は多めに持っていきましょう!

ブラクリは、ひし形の3号━(゚∀゚)━!

丸玉オモリ仕掛け

穴釣り用丸玉オモリ仕掛け

私はブラクリの代わりに丸玉オモリで仕掛けを作っています。この仕掛けのいいところは、ブラクリより安いところです。ハリスも傷ついたら交換出来ますし、オモリとハリの組み合わせが自由に選べます。シンプルで誰にでも作れる仕掛けなので、安く済ませたい人はぜひ試してみて下さい。

作り方です。

  1. 道糸に丸玉オモリを通しサルカンを結ぶ。
  2. 蛍光ビーズを通したハリスにハリを結び15cmぐらいで切る。
  3. 出来るだけハリスを短くサルカンと結ぶ。

ハリスは短かければ短いほど根掛かりしにくくなります。

仕掛けは丸玉オモリ仕掛けが安くていい
━━━(゚∀゚)━━━!!!

5.穴釣りで使うエサ

穴釣りのエサ。サンマの切り身

穴釣りで使うエサは、ゴカイやオキアミ、イカ、魚の切り身などが使われますが、私は根掛かり対策のために針先をエサの中に隠したいので、魚の切り身を好んで使っています。

魚の切り身は、スーパーに売っている「サンマの干物」を買って帰り、家で5mm幅程度に切ってエサにしています。干物1匹分を持っていけば、1日楽しめますし、エサ代は100円程度で済みます。

エサは、サンマの切り身━(゚∀゚)━!!!

エサの付け方

エサの付け方。サンマの切り身

穴釣りは狭いすき間にエサを落としていく釣りなので、どうしても根掛かりが多くなります。根掛かりはオモリがすき間に挟まる場合と、ハリが何かに引っ掛かる場合があります。

オモリが挟まるのは仕方ありませんが、ハリが引っ掛かるのは上の写真のように、エサに針先を隠すことでずいぶんと減らすことができます。

エサの付け方は、

  1. 切り身の身の方からハリを刺し、皮の外まで出す。
  2. ハリをくるりと回転させ、皮の外側からもう一度ハリを刺す。
  3. 針先を身の中で止める。

針先は身の中に隠す━(゚∀゚)━!!!

6.釣り方と合わせ方

穴釣りをしている写真

テトラの穴釣りは、目に見える穴に次から次へエサを落としていき、穴の奥に隠れているカサゴにエサを届ける釣りです。全ての穴に魚がいるわけではないので、釣れるまで穴を探り続けます。

穴釣りで魚がいそうな穴の写真

では、釣り方です。

スピニングリールを使用する場合

  1. エサをハリに付け、狙う穴の真上に竿先をもっていきます。
  2. リールのベイルを開き、手でスプール(糸を巻いているところ)を押さえながらゆっくりと穴の中に仕掛けを落とします。
  3. 底に着いた(リールから糸が出なくなった)ら、一旦ベイルを戻します。ここでゴンゴンとアタリがくることも多くあります。
  4. 竿を上下に30cmぐらい動かして、誘いをかけるのと同時に、さらに下に落ちていくところを探します。オモリで底をたたくイメージです。
  5. ここで、さらに下に落ちていくようなら期待がふくらみます。糸を出しながら、落とせる限界まで落としたら、誘いを入れたり、じっと止めてアタリがくるのを待ってみたりして下さい。アタリを待つときは、オモリを少しだけ底から浮かせておくと、アタリがわかりやすくなります。
  6. アタリがこないときは、次の穴を探ります。

限界まで落とす━(゚∀゚)━!

両軸リールを使用する場合

  • スピニングリールの場合と動かし方は一緒ですが、一度クラッチを切ったら、切ったままサミング(糸がぐちゃぐちゃにならないようにするため、親指でスプールを軽くおさえ、糸の出具合を調整するテクニック)で限界の底まで落とすのがいいと思います。アタリがあれば、クラッチを戻しましょう。

クラッチは切ったまま━(゚∀゚)━!

合わせ方

穴の中にカサゴがいると高確率で食ってきます。アタリはゴン!と手元にきたり、誘いをかけたときにズーンとした重みを感じたりします。

魚だと分かったときには、するどく竿を上に持ち上げ合わせを入れましょう!そして、リールをグルグルと巻いて穴から一気に引きづり出します。もたもたしてると穴の奥に潜り込まれてしまいます。

リールゴリ巻━(゚∀゚)━!

穴釣りで釣り上げたカサゴ


これで1匹ゲットですね!

ヤッタ━━━(´▽`)/━━━ッ!!!

7.穴釣りのコツ

釣り上げたカサゴ

たくさんの穴を探る

穴を探ったとき、カサゴがいればすぐに食ってきますが、いない穴でどれだけねばっても釣れる可能性は低いです。次々と穴を探りましょう。あきらめずにどれだけ沢山の穴を探れたかが、釣果に現れます。

次々探る━(゚∀゚)━!

深い穴ではねばる

穴に仕掛けを落とし底に着いたとき、トントンとオモリで底をたたいてさらに落ちる穴を探るのですが、たまにびっくりするぐらい深く落ちていくときがあります。そんな穴に遭遇したときには、ほぼ釣れたも同然です。底付近でじっくりねばって下さい。絶対釣れます!

深い穴サイコ━(゚∀゚)━!

誰も探っていない穴を見つける

穴の入り口が小さすぎてみんなが見落としている、ゴミの下に実は穴があったなど、誰にも攻められていない穴を見つけたときにはパラダイスかもしれません。

秘密の穴を探そう━(゚∀゚)━!

1匹釣れた穴は何度も探る

カサゴは条件のいい穴に何匹もかたまっていることが多いです。1匹釣れた穴は、釣れなくなるまで何度も仕掛けを入れましょう。1つの穴で爆釣ってこともあります。また、同じ穴で釣れる魚は大きいものから順に釣れるとよく言われますが、後から釣れたやつがデカかったときもあります。

釣れる穴は、根こそぎ釣ろう━(゚∀゚)━!

早いもん勝ち

先に来ていた釣り人が探った穴を、後から探っていくのは効率が悪いです。その穴の魚は、すでに釣られている可能性が高いです。先行者がいるときは、場所を変えてまだ誰も探っていないところで釣りをしましょう。
条件のいい穴には時間がたてば、また別の魚が入ります。その日、誰よりも早起きして、フレッシュな状態の場所で釣りをするのもテクニックの1つです。

その日、誰も攻めていない穴を狙う━(゚∀゚)━!

こまめなラインチェック

穴釣りは狭いすき間を探る釣りなので、ラインに傷がつきやすいです。ハリス、道糸ともに指の感触で傷ついていないか、こまめにチェックをしましょう!特に、魚が釣れたとき、根掛かりが外れたときはザラザラになっていることが多いです。少しでもザラつきがあるときは、仕掛けを結び直しましょう。釣れない時間が長いほど、ラインチェックがおろそかになりがちですが、せっかくのアタリでライン切れ・・・って、ならないようにして下さい。

ラインチェックが大切━(゚∀゚)━!

穴に潜られたら待つ

魚を掛けブルブルとした魚の引きがあったのに、リールが巻けなくなったときは、穴の奥に潜り込まれてしまっています。こうなると強引にビンビン引っ張ってもなかなか出てきません。魚を穴から出す方法は、糸を少しだけゆるめて、魚が気を抜くのを待つしかありません。60秒ぐらい数えて、ゆっくりと引っ張る。を何度か繰り返すとグググっと魚が抜けるような感触で引きずり出せるときがあります。

潜られたら、あせらず待つ━(゚∀゚)━!

根掛かりを減らす

穴釣りは根掛かりとの戦いでもあります。魚が釣れているときは根掛かりしても平気なのですが、釣れていないときに根掛かりで仕掛けが無くなると、やる気と集中力が無くなり、操作が雑になって、また根掛かりしてしまいます・・・。根掛かりを減らすコツを次に書いておきます。

8.根掛かりを減らすコツ

根掛かりしにくい仕掛け

針先をエサの中に隠す

エサの付け方のところでも紹介しましたが、エサの中に針先を隠すことで、かなり根掛かりを減らすことができます。根掛かりしにくい形状のハリもありますが、隠してしまった方が断然根掛かりを減らせます。

針先を隠していると針掛かりしにくくない?と思われるかもしれませんが、身の方からハリが飛び出しますので全然大丈夫です!

これが1番大事━(゚∀゚)━!!!!!!

ハリスを短くする

ハリとオモリが短いほど根掛かりしにくくなります。穴に落ちていくとき、引き上げるときどちらも短いハリスだとオモリがガード役になり、貝などにハリや糸がからみにくくなります。ブラクリ仕掛けのように短く結ぶのが理想ですね。

ハリスは短く━(゚∀゚)━!

オモリを軽くする

オモリを軽くするとオモリの大きさが小さくなるので根掛かりが減ります。オモリが根がかるときは、テトラとテトラのすき間に挟まってしまうことがほとんどなので、単純に小さくなるとすり抜けてこれます。

ただ、底に落ちた感覚がわからないと釣りにならないので、竿の固さ、道糸の太さ、波の大きさ、穴の深さでオモリの大きさを決めましょう。やわらかい竿、細い糸を使うと小さなオモリでも底の感覚がわかりやすくなります。

底の感覚がわかる範囲で小さいオモリを使う━(゚∀゚)━!

丁寧に操作する

仕掛けを落とす、仕掛けを上げる、誘いを入れるなどの操作を丁寧に行うと根掛かりが減ります。せっかくエサの中に隠した針先も雑に操作するとすぐに飛び出してきます。

操作はゆっくり丁寧に━(゚∀゚)━!

根掛かりの外し方

根掛かりは仕掛けを引き上げたときに、リールが巻けない、竿が上がらないなどで気が付きます。そのときに、強く引っ張ってはいけません!引っ掛かりがますますきつくなるだけです。

まずは、ハリかオモリどちらが引っ掛かっているのかを確かめます。竿を少し上下に動かしてみて、オモリが動いている感覚があるのなら、ハリが引っ掛かています。ハリのときは、外せることが多いです。

優しく竿を上下に動かすことで水中のオモリを動かし、その反動でハリの根掛かりを外します。テトラの奥にはカニがいて、エサをはさんでいることもよくあります。オモリをゆすってて離してもらいましょう。

オモリが引っ掛かっているときは、かなり厳しいです。糸を切るつもりで、ラインを一直線にしてゆっくりと引っ張りましょう。

オモリの反動で根掛かりを外す━(゚∀゚)━!

9.穴釣りをするときの注意

危険なテトラ

テトラでの穴釣りはとても楽しいのですが、足場が不安定で超危険です。一歩間違えば、ケガだけでは済まないかもしれません。無理せず安全に楽しんで下さい。

海に落ちない、ケガをしないためにいくつかテトラでの釣りの注意点を書いておきますので、参考にして下さい。

  • 濡れているテトラにはのらない。滑ります。特に表面にノリなどの海藻類が付着していると絶対に滑ります。
  • テトラの移動時は片手をあける。テトラの上を移動するとき、特に水辺へ降りていくときには荷物を出来るだけコンパクトにして、片手は必ずフリーにしておいて下さい。空いた手でテトラを持ちながら移動すると安定します。
  • 大きなテトラはさける。テトラには種類があってもの凄く大きなものがあります。大きなテトラは空間が大きく移動しづらい、また、転倒したときにも大きなケガにつながりやすいです。

テトラは、

超危険━━(;゚Д゚)━━!!

10.穴釣りに持っていく道具

穴釣りにもっていく道具

竿、リール、タックルボックス(仕掛け)、ハリス、クーラー(保冷剤)、水汲みバケツ、エサ、タオル、ハサミ、プライヤー、メゴチバサミなど。テトラの移動は危ないので、荷物はなるべく少ない方がいいです。私はクーラーボックス以外は、竿も含めリュックサックに入れて移動します。

夏は虫除けスプレー、日焼け止めクリーム、冬はカイロなどがあるといいですね。

移動するとき危ないからコンパクトにまとめる━(゚∀゚)━!

11.私の穴釣り道具を紹介

穴釣り用タックルボックスの中身

私がテトラの穴釣りをするときに使っている道具を紹介します。

竿
穴釣りで使うロッド 極光テトラミニ150

・プロマリン PG 極光テトラミニ150
・全長150m
・コンパクト振り出し竿
・継数5
・仕舞寸法 39cm
・自重 69g
・適合オモリ 1~10号

穴釣りでは硬めの竿で一気に穴から魚を引きずり出すことが大切だと言われていますが、この竿はグラスロッドでやわらかめです。やわらかくよく曲がるのですが、竿先1/3ぐらいからはしっかりとした硬さがあり、きっちり穴から魚を引きずり出すことが出来ます。

細くやわらかい穂先のおかげで、魚に違和感を与えず食い込みが抜群によいと感じています。1号程度の軽いオモリを扱うことも可能です。

この竿は、100cmから165cmまで何本かラインナップされており、私は150cmのものを選びました。穴釣りでは少し長めなのかもしれませんが、私が通うポイントでは少し前の穴で釣れることが多く、150cmという長さが丁度使い勝手が良いです。

この竿を選んだ理由の一つが、しまうととても短くなることでした。仕舞寸法は39cmでリュックサックに余裕で入れることが出来ます。(付属のトップカバーがやわらかく良くないので、別でカバーを購入しました。)

穴釣りの他、堤防際での探り釣りでもよく使っていて、小さな魚でもよく曲がり、釣りの楽しさを教えてくれるとてもいい竿です。値段も2000円までで購入可能です。

・リール

シマノ チヌマチック1001XT

・シマノ チヌマチック1001XT
・親指一本でクラッチON・OFFが可能な掛け合わせクラッチ
・手になじみやすくサミングが容易なボディ形状
・即座に握れるダブルハンドル仕様

チヌのイカダ釣り専用リールですが、穴釣り、際釣りでもとても使いやすいリールです。ラインナップは1000SP、1000XT、1000の3種類あり、それぞれに左ハンドルバージョンが出ています。

色は1000SPがホワイト、1000XTがグレー、1000がブラックになっていて、グレーかブラックが見た目かっこいいです。1000のブラックには、浅溝スプールが付いていなかったので、1000XTの左ハンドルの1001XTを購入しました。

穴釣りでは、「ダイワ コロネット」 と 「シマノ クラブ デミ」というリールがおすすめされることが多く、実際私もダイワ コロネットは所有しています。

値段を比べるとチヌマチック1001XTは10000円を少し超えるので、コロネットなどが3000円以下で買えることを思うと少し高い気がしますが、「親指一本でクラッチON・OFFが可能な掛け合わせクラッチ」が冬の釣りで活躍します。寒風が吹く中、釣りをしていると、指先がかじかんで動かなくなるのですが、このときこのクラッチは両親指で押すことが出来るので、どうにかクラッチが切れて釣りが続けられます。

ま、少し贅沢な気もしますが、糸がみなどのトラブルもほぼゼロですし、穴釣りも際釣りもよくやりますのでこのリールです。

・ライン(道糸)
ダイワ ジャストロン3号

・ダイワ ジャストロン 3号
・ナイロンライン
・平行巻き
・お買い得500mボビン巻き
・糸グセがつきにくくしなやか

道糸はこれを使っています。安いラインですが、平行巻きといってボビン(糸が巻いてある芯の部分)にきれいに巻いた状態で売られていています。

私はこれを毎回使う分だけリールに巻きなおして使っています。上のリールですと、ハンドル40回転分(20mぐらい)だけ巻いて、釣りをして、終わったら巻きなおすを繰り返します。

ラインは水分を含んだり、日光にあたるとどんなにいいラインでも必ず劣化してしまいます。値段の高い何度も使用したラインよりも、値段の安い新品のラインの方が強度があります。

・ブラクリ仕掛け

ささめ針 ブラクリ

・ささめ針 ブラクリ
・1号~10号

ブラクリ仕掛けは、このソロバン型を使うようにしています。ブラクリには丸型もあり、丸は穴を転がって落ちていきやすい、ソロバンは根掛かりしにくい特徴を持っています。

どのブラクリを使っても同じなんですが、塗装はすぐにはげてしまいます。

・ハリス

サンライン ベーシックFC 1.5号

・サンライン ベーシックFC 1.5号
・フロロカーボンライン
・1.5号 300m
・側面にライン取り出し口あり
・0.6号~4号までのラインナップあり

ハリスは根ズレに強いフロロカーボンを使います。このラインはバス釣りに、はまっていたときから愛用しているラインで、安いわりに丈夫なのが売りです。ブラックバスコーナーに売っていて、監修された「下野正希」さんはバス界では超有名なバスプロのおじさんです。

パッケージの横にライン取り出し口の穴があいていて、その穴からラインを通しておくと適度にブレーキがかかり、釣り場でハリを結び直すとき結びやすくなります。

・オモリ

第一精工 パックオモリ丸型

・第一精工 パックオモリ丸型 3号
・2号~30号まで

中通しオモリはこれを使っています。穴にゴム管が付いていてラインの結び目を保護するようなものもありますが、値段がはね上がります。ラインチェックをこまめにすれば保護のゴムは無くてもいいと思っています。

・サルカン

ヨーヅリ ローリング サルカン徳用

・ヨーヅリ ローリング サルカン徳用 8号

サルカンもよく使うのでお徳用のこれを使っています。穴釣りでは、サイズはあまり気にしなくてもよいと思います。

・蛍光ビーズ

ヤマシタ 20倍ビーズ ハード0号F


・ヤマシタ 20倍ビーズ 
 ハード0号F(夜行グリーン)

ブラクリ仕掛けに少しでも近づけたいと、ハリスにこの蛍光ビーズを通してアピール力を高めています。暗いところで、うっすらと緑色に光ります。

・ハリ

ささめ針 50本入 カン付チヌ 3号

・ささめ針 50本入 カン付 チヌ 3号

ハリはお得用のこれを使っています。根掛かりで仕掛けを作り直すことが多いので、少しでも楽できるように、カン(輪っか)付きにしています。強度もありますし、サビにくく、1袋に沢山入っているのでお気に入りです。カサゴ釣りで使うハリはこれだけです。他に、私はタチウオ釣りでもこれを使っています。

参考に~━(゚∀゚)━!

12.料理

カサゴ料理 バター焼き

カサゴはゴツゴツした顔のわりに、身は白身でとても美味しい魚です。刺身、煮つけ、唐揚げ、みそ汁などどんな料理にしても美味しくいただけます。

我が家では、塩コショウをかけてフライパンでバター焼きにすると、娘が喜んでくれます。

ウメェ━(´▽`)/━!!!!

13.まとめ

今回は、『テトラポットでの穴釣り』についての記事でした。無数にある穴の中から、魚がいる穴を探す宝探しのような釣り。誰もが見逃すような穴を見つけたり、誰も落とせなかった奥の奥まで仕掛けを落とせたとき、思いもよらぬ大物が食い付くかもしれません。

ケガしないように気を付けて、楽しんできて下さい!

では、また~! (´▽`)/